魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月25日 (土) | 編集 |
「魚には“まぶた”が無いので目を開けたまま眠る」というのは、
ご存知の方も少なくないんじゃないでしょうか。

でも、魚がどのように眠るのか、実際に見る機会は少ないですよねー。
水族館で見るか、飼育するか、あとはテレビとかかな。

ところで、ミドリフグって眠るときちょっと面白いんですよ。

・体の色が変わる
 黒っぽくなる場合と、色が薄くなる場合があります。
 背中の斑点もくすんで見えにくくなります。
 まさはるは濃と薄、両方とも見たことあるんだけど、
 眠りの深さで変わるのかなー。
 それとも周りの背景色に合わせてるのかな。ナゾだ・・・。

・地面で寝る
 そこら辺に転がってます。落っこちてる感じ。
 隠れたりしません。

まさはるが家に来た初日にこの「黒くくすんで地面に落ちてる」姿を見たときは、

し、死んでる!!

と思いましたよ~。
ぐー
↑背中の色がこげ茶っぽくなってるんだけど、わかりにくいかな。

まさはるはこの写真を撮ったら起きちゃったんだけど、
寝ボケた姿がかわいかったので写真を撮りまくってたら、
こんな顔されました。
いいかげんにしとけよ・・・

・・・ゴメンなさい・・・。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。