魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月13日 (水) | 編集 |
おさかなのペットショップでの買い物は長いです。
買う気がなくても、
子犬・子猫や他の小動物まで見て回るのが楽しいのです。
毛の生えた動物も好きなんですよ。

ところが最近は、
わんこコーナーにちゃんとした用事があります。

小型犬用のケージを見てるんです。

といっても我が家にわんこは居ません。
誰の為のモノかといえば、
現在は冬眠中の、鱗の生えた動物たちです。

20年という歳月は、彼らをちょっぴり大きくし過ぎました。
2匹とも甲長20cm前後ですから、
規格外にデカイって事もないのですけど。

それでも今のタライじゃ小さいかなぁ。
特に高さが足りません。
正確ではありませんがタライを測ってみると、
現在、80×50×20(H)くらいですね。

大きいタライで水槽自体のサイズアップをするか。
今のタライごとケージで囲み、
タライを水場専用に、陸は地面を利用するか。

悩みますね~。価格やスペースも絡んできますし。


まずの話、あのテのわんこケージは、
素人判断ですが、普通は屋内で使用するものだと思うのです。
あれはサビやすいものなんでしょうかね~。

屋外ではすぐダメになるんだろうか・・・。



え? 2日連続でペットや写真すら出てこないって?
おさかなは買い物だけじゃなくって、
ペットショップの話も長いんですよ(^皿^)


2010年01月17日 (日) | 編集 |
日曜日は水換えの日。
今回はそれに合わせて、
まさはるの水槽お引越しを行いました。

旧水槽は水量12L。
普段の水換え量は、全体の1/4である3L。
言い換えれば、毎回、飼育水を75%に薄めているワケです。

今回の引越しでは、
できるだけ負担がないように、
いつもの割合に沿って実行しました。

新水槽は容量23L。
旧水槽のほぼ全量を移し、4Lの新しい水を足す。
すると全量の16L中、4Lが新しい水なので、濃度は75%。
普段の水替えと同程度の負担で移動できるという具合です。

底砂やフィルターも交換ナシで丸ごと移し変えなので、
環境が急変するのは避けられたハズ。


設置後の環境はともかく、まさはるにとって、
いつもの水換えと全く同じとは行かないんですけどね~。
本人の移動が必要ですから。

ココから出せ!

網で捕らえられた上に袋に閉じ込められ、不満顔 (`3´)
目の下が黒くなってます。

イヤだろうけど、
水や砂を移したときに舞ったゴミが落ち着くまではこの中です。
許せ、まさはる。

そうそう。この袋、ジップ付きビニール袋なんです。
水と空気を入れてピッと閉めればそのまま浮かべておけるので、
こういうちょっとした隔離が必要なときに便利ですねー。


閑話休題。移動後はというと・・・

バックスクリーンをしきりに気にしている様子ですが、
それ以外に大きな問題は無いようです。

なんか青い

あとは数日かけて水量を徐々に増やしつつ、
追加のフィルターを作動させれば引越し完了です。

ちょっと広くなったよ

しばらくは水面が低めだけどガマンしてね。


2010年01月22日 (金) | 編集 |
水槽の水も毎日2Lずつ足して、ようやくいっぱいになりました!

水槽

結局バックスクリーンは外してしまいました。
部屋の壁紙は白に近い、うすーい青なのですが、
水槽用ライトを使用していないおさかなの水槽にとって、
水槽奥の壁から反射する光は貴重だったみたいです。
真っ青のバックスクリーンでは全体的に暗くなってしまったんですよねー。
(※ 上の写真を撮影する時はライト使ってます。)

まさはるがやたらと気にするっていうのも理由の1つです。
アレ、映った自分の姿を追いかけていたんじゃないかな~と思うんです。
ガラスに密着していない。色が濃い。
奥からの光が弱く、水槽前面からの光が強い。
鏡のようになるのはこの辺が原因かなぁ。

で、バックスクリーンを外してからはどうしているかというと・・・

白と水玉のぷにぷにがこっち見てる

ここで同じ事してたりして。
プラスチックに映るフシギな生き物も、
フィルターの吸水口も、吐き出しの水流も興味をそそるみたいです。
旧水槽と比べて増えたのはこれだけなので珍しいのかな?


水槽を写した写真がもう1枚。

ふんわりココア

何だか甘いもの飲みたくなりました?
実はうちでは汽水を作る際、
人工海水の素ではなくココアを使ってるんです!

なんて冗談は置いといて・・・

旧水槽は上を全部覆えるサイズの蓋があったのですが、
こちらに付いていた蓋はハーフサイズ。
後ろ半分ががら空きです。

その広い面積を埋めるため、
白羽の矢が立ったのが牛乳パック

元気の良いミドリフグの飛び出しを防ぎ、
水の飛散や塩ダレを防ぎ、
水の蒸発を抑える。

しかも!

耐水性に優れ、費用が掛からず、
交換が容易で、加工も簡単。

なかなかいいですよ~。
牛乳パック、未来の水槽用品は君だ!
トイレで頭を打ったときに思いついた・・・ワケではないですけど(^^)

欠点はと言えば、見た目がすごく悪いことですかねー。
それを簡単に解消する方法はこれです↓



心の目を閉じるんだ!


2010年01月28日 (木) | 編集 |
お味噌汁用の小さな殻付きホタテがあったので、
まさはるにもお裾分けです。

ところで、ホタテにはたっくさん目があるって知ってました?
ヒモのところにズラ~っと並んでる点々がそれです。
構造は人間の目とほとんど大差ないんです。

でも人間ほど脳や神経が発達してないので、
何が見えてるのかイマイチ分からないんだそうです。
広い海で生きるにはそれほど細かい情報はいらないのかなぁ。

それにホタテって、貝なのに泳ぐんですよ!
ピンチになると殻を勢い良く閉じておこした水流で、
こうビュ~ッと。
殻を何度もガフガフして連続で推進力を得る事もできます。
スゴイですよね~。

ちなみに「帆立」っていう名前の由来は・・・
ってもういいか。ホタテの話は (^-^;)


殻付きのホタテをパックで買うとよく、
小さなミドリフグでも丸ごと食べられそうな
極小ホタテが紛れ込んでたりするのですが、今回は発見できず。

なので1個チンして、キモを外し、
まさはるの食べる分だけ切り分けました。

ホタテのお味はどうかな?

イケる

あげないよ

夢中で食べてますね~。
お腹もいっぱいになったね。

げふ

おや?

なんかそのお腹、
前よりもたくさん入るようになったんじゃ・・・?


2010年01月29日 (金) | 編集 |
食事中の様子を撮っていたら、
まさはるが変な顔を披露してくれました。

バァ

君はしょうこお姉さんか。

未見の方はこちらも併せてどうぞ!
 → まさはるの変顔


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。