魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月28日 (木) | 編集 |
お味噌汁用の小さな殻付きホタテがあったので、
まさはるにもお裾分けです。

ところで、ホタテにはたっくさん目があるって知ってました?
ヒモのところにズラ~っと並んでる点々がそれです。
構造は人間の目とほとんど大差ないんです。

でも人間ほど脳や神経が発達してないので、
何が見えてるのかイマイチ分からないんだそうです。
広い海で生きるにはそれほど細かい情報はいらないのかなぁ。

それにホタテって、貝なのに泳ぐんですよ!
ピンチになると殻を勢い良く閉じておこした水流で、
こうビュ~ッと。
殻を何度もガフガフして連続で推進力を得る事もできます。
スゴイですよね~。

ちなみに「帆立」っていう名前の由来は・・・
ってもういいか。ホタテの話は (^-^;)


殻付きのホタテをパックで買うとよく、
小さなミドリフグでも丸ごと食べられそうな
極小ホタテが紛れ込んでたりするのですが、今回は発見できず。

なので1個チンして、キモを外し、
まさはるの食べる分だけ切り分けました。

ホタテのお味はどうかな?

イケる

あげないよ

夢中で食べてますね~。
お腹もいっぱいになったね。

げふ

おや?

なんかそのお腹、
前よりもたくさん入るようになったんじゃ・・・?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。