魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月15日 (月) | 編集 |
雨が降って雪もずいぶん融けてきましたー。
雨ってコトは気温が高い方なんでしょうけど、
そうは言っても寒いです(-M-)

どこが暖冬なんだ。

ドカッと雪が降ったりしたので、
あんまり実感がわきません。

それでもこの鉢植えを見ているとちょっと納得。

アボカドロさん

アボカドのアボカドロさん
家では愛着がわけば植物ですら名前が付くんです。
アボドロさん(1776-1856)ではありませんよ。

アボカドロさんはその昔、
食用の果実としてやってきました。

アボカドの種って大きいですよね。
なんだか興味がわいて種を植えてみたところ、
芽を出し、今では60cm程の高さに成長しました。

今年で7~8年になるんじゃないかなー。
居間とはいえ、雪国でよく育ってます。

毎年冬になると、
古い葉っぱを落として寒さを凌ぐのですが、
今年はさっぱり落ちなかったんです。

それどころか、もう新しい葉っぱがぞくぞくと!

若葉

アボカドロさんはもう春だと仰るのですか。

それにしても、大雪に暖冬。
去年は梅雨明けもなかったし・・・。

ヘンな気象は温暖化のせいなのかなー。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。