魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月11日 (木) | 編集 |
まさはるのエサを探してお店を回ったついでに、
こんなモノも購入してました。

溶岩石

溶岩石です。
どこ産だっけかなー?(-_ー;)
ブログ的に重要な内容だと思うのですが、
記事を後回しにしてたらうっかり忘れてしまいました!


これはウィローモスを活着させて、ボトルアクアに使用します。

この溶岩石は水質を中性に保つ働きがあるそうですよ。
流木も考えたのですが、
酸性に傾ける性質と、アクが残った場合、
水量1Lのボトルにどれだけ影響するのか見当がつかなくて・・・。

溶岩石の、多孔質で水質浄化に役立つという点にも期待です。

まずモスを1cm位に切って、

チョキチョキ

溶岩石に薄くペタペタくっ付けて、

ペタペタ

ナイロンの釣り糸でグリグリ巻きます。

グリグリ

あとは水につけて明るい場所に置いておきます。

初めてやってみたけど上手くいくかなー。

エビボトルの現役活躍中のモスは掃除から2週間もすると、
触れている底砂を勝手にくっ付けてしまうくらいなので、
今の時期の光量でも大丈夫だと踏んでいるのですが。

2週間後が楽しみです(^-^)



※後に確認しましたところ、「三宅島」産の溶岩石でした。
 産地によって色も性質も違うんですねぇ。
 (2010.4.16追記)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。