魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月26日 (金) | 編集 |
ウィローモス活着開始から2週間経過。
この日をワクワクして待っておりました(^-^)

うまくできたかな?

さっそくナイロン糸には辞職して頂いて、
活着しているか確認しましたよ。

取り出しました

糸を外して水の中で揺すると、
ポロポロと数本取れてしまいましたが、
ほとんどが活着してくれたようです!

こんな感じだったボトルが、

ビフォア

こうなりました~。

アフター

エビータはさっそくてっぺんによじ登っておりました。
お弁当用意してくればよかったねw

いい見晴らし

あとはモスが育ってくれれば見た目も良くなるでしょうか。

エビちゃん達は酸素消費が多めだそうなので、
活着モスが成長してくるまでは、
西部劇でよく転がってる植物みたいな旧モスも少し浮かべておきます。

一匹だし水換えもしているので大丈夫とは思いますが、念のため。
活着したのを全部食べられても困りますしねー。


さて、来月でこのボトルアクアリウムも維持して1年。
エビータと仲良くできるお友達を思案中です。
たくさん入れるのは失敗のもとなので1匹だけ。

やっぱり香港ビーシュリンプをもう一匹?

繁殖が目的ではないのでおとなしい子なら別のエビでも・・・。
ヤマトヌマエビは大きすぎるからミナミヌマエビかなぁ。

ミナミヌマエビは、香港ビーシュリンプよりも
ボトルアクアリウム向きだと思うのですよ。
そして、ミナミがいけるならレッドチェリーも飼えるのでは?

とか考えていると朝になってしまいそうですw


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。