魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月01日 (土) | 編集 |
恒例となりましたが、
5月に入りましたので背景をチェンジ!!

いつもどおりにカレンダーを使用。
今月はこんな感じです。

5月ですから

冗談ですw

あれはあれで便利かもしれませんけどね~。
水換え予定日とか書き込んでおけば忘れなさそうですし(^皿^)

実際はコチラ↓

快晴

サンゴ砂の層で少ししか見えませんが、
奥には菜の花畑が広がってます。

菜の花

まさはるはいつもながら怯えることもなく、
鯉のぼりのように空を泳いでいましたよ。

鯉じゃないし!!


スポンサーサイト
2010年05月02日 (日) | 編集 |
我が家のカメさんたちは、
角タライ(プラ舟とも)で屋外飼育。

長く暮らすこの水槽も、今ではやや手狭な印象。
特に高さが足りません。

わざとテコのように利用しているフシもありますが、
陸に登るとき、網のフタに甲羅が引っかかるのが気になるトコロ。

そこで水槽のサイズアップを提案するも、
地元住民(家族とも)の反対によりあえなく撃沈してしまいました。
代案として柵の設置を願い出るも却下。

おさかなとカメだけの庭じゃないと言われてしまってはねぇ・・・。
仕方がありません。

そこで、水槽を換えずに高さを出すため、
“フタを手作り”することにしました。

実は先月からコツコツと準備や作業をしていたのです。

そして今日はその仕上げ。
日光浴中のところ大変ご迷惑をおかけしております。

作業中

水槽の上や周りでガタゴトと音をたてて作業していましたが、
彼らは一切動じる様子ナシ。

しかも庭にいた数時間もの間、
水槽のフタは開けっぱなしだったにもかかわらず、
一度たりとも出て行こうとすらしませんでした。

・・・フタ、要るのかな?

なんて思ってしまいますよ。

さっきから何してんの?

気温が上がるともっと活動的になるので、
やっぱりフタは必要なのですけどね!
猫やカラスも居るし。

それはそうと、
早く終わらせないと日が暮れてしまう!
と焦ってしまうほどに苦戦です。

慣れない工作に苦労してしまいました・・・。

完成した写真も載せるつもりでしたが、
また次回という事にさせて下さい。

終わった頃には本当に日が暮れてしまったので!!


2010年05月04日 (火) | 編集 |
皆様、ゴールデンウィークは満喫していらっしゃいますか?

今日はみどりの日ですね!

みどりの日って、
ミドリガメミドリフグの成長を祝うための祝日ですよね!
こんな日があるなんて日本っていい国だなぁ。

違うって?(^皿^)


遅れてしまいましたが、完成したカメ水槽の新しいフタです。

完成

名付けて“でっカメドーム1号”!!

トンネル支柱と竹もどき支柱を組み合わせて、
針金の亀甲ネットを張りました。

ややデカめの開放的なフタです。

でっカメドーム1号

材料はいずれもホームセンターで購入できます。
千円でお釣りがくる価格でフタをバージョンアップでき、
とってもリーズナブルでした。

高さにかなりの余裕が出ましたよ。
だからって他カメの上に乗ることないと思いますけどw

みどりの日サイコー

あの重たいカメが乗っても怒らないなんて、
下もなかなか寛容ですね(^-^)

さて次は中の甲羅干し台兼シェルターも作り直さないと!
ずいぶん老朽化してきましたし・・・。
せっかく天井が高くなったので、
これも数センチ高くして、下に潜り込み易くするつもりです。

ただ・・・このでっカメドーム1号、
いいことばかりでもありません。

例えば、平面のフタが立体になった分、
水換え時の扱いもちょっと面倒ですね。
いままではフタの一方だけを開けてカメを出し、
どぉりゃーと水槽を横倒しにひっくり返して洗っていましたけど、
これからは毎回フタを外さないといけません。

それに手作りですから、強度がちょっと不安かなぁ。

当分は1号を使い続けてみますが、
まだまだ改良の余地がありそうです。


2010年05月05日 (水) | 編集 |
皆様、ゴールデンウィークは満喫しましたか~?

今日はこどもの日ですね!

こどもの日って、
わが子のように可愛がっているペットの成長を祝うための祝日ですよね!
こんな日があるなんて日本っていい国だなぁ。

違うって?(^皿^)

<以上、デジャヴ>

さてさて。
実際には一昨日の話になるのですが、
まさはるの夕食にアサリを用意しました。

やっぱりアサリは好きですよねー。

しかも殻付きは、自分でむしり取る喜びがあるみたい。
大興奮です。
本能が多少なりとも満たされるのかもしれませんね!

ガッツリ食いついて。

アサリだ!!

ゴッソリもぎ取って。

もぎ取ってやった

スッカリお腹に収まってしまった。

食後は当然こうなりますよね。

でっぷり

ごっつぁんです!!


2010年05月11日 (火) | 編集 |
なんだか忙しくって記事の更新が開いてしまいました!
ご来訪下さった皆様、ごめんなさいm(_ _)m
できるだけ更新しますからおさかなを海に捨てたりしないでね。

さて昨日、夕食にこんなのを食べました。

焼き鮎

鮎です。
時期でもなければ、天然ものでもないですが。

アユはその香りの良さから“香魚”とも書きます。
その香りはキュウリやスイカのようだとも。

グルメ本や釣り本なんかでは、
“その香りは鮎の食物に由来する”なんて紹介をされていたりします。

旬を迎える手前の春から夏にかけ、鮎はミズゴケを食べて育ちます。
そのエサのためによい香りがするのだ、
という説がまことしやかに語られるようですよ。

確かにおさかなの手元にある美味しそうな本にも、
そう書かれているものがありますねー。

ところがです。

鮎と近縁種のキュウリウオっていうお魚は、
鮎同様、その名のとおりのキュウリの香りがするのですが・・・
なんと藻類ではなく甲殻類を食べてるんです!!

えぇ~。
そりゃ香りに食物はカンケーないじゃないかって話ですよ。

鮎やキュウリウオの香りの主成分は、
ノナディナール、ノネナールなど。

皮膚や鰓に存在する酵素の働きによって、
体内の多価不飽和脂肪酸を分解し、
最終的にこれらの化合物になるんだそうです。

つまり実際に香りに食物はカンケーないよって話なんです。

色んなことが研究されているんですねぇ。
俗説が証明されたり、間違いが判明したり。
魚って面白いですよね!

さぁ、まさはる君。
それらを踏まえて味わっちゃってー。

いただきまーす

止まらない

焼き鮎は好きなようですね~。
フグにも美味しさがわかるのでしょうか。

おいしかったよ

味はとっても美味しかったのですけど、
おさかなは香りなんてサッパリ分からなかったなぁ。

お買い得品だからでしょうか。
それとも舌がフグ以下なのだろうか(-_ー;)

うーむ。

ちなみにこの鮎の香り成分ノネナール、
加齢臭の成分でもあります。

鮎は香りで愛されています。

香りを気にする世のおじさま方も胸を張ってくださいね!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。