魚と緑と水辺のブログ
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月02日 (日) | 編集 |
我が家のカメさんたちは、
角タライ(プラ舟とも)で屋外飼育。

長く暮らすこの水槽も、今ではやや手狭な印象。
特に高さが足りません。

わざとテコのように利用しているフシもありますが、
陸に登るとき、網のフタに甲羅が引っかかるのが気になるトコロ。

そこで水槽のサイズアップを提案するも、
地元住民(家族とも)の反対によりあえなく撃沈してしまいました。
代案として柵の設置を願い出るも却下。

おさかなとカメだけの庭じゃないと言われてしまってはねぇ・・・。
仕方がありません。

そこで、水槽を換えずに高さを出すため、
“フタを手作り”することにしました。

実は先月からコツコツと準備や作業をしていたのです。

そして今日はその仕上げ。
日光浴中のところ大変ご迷惑をおかけしております。

作業中

水槽の上や周りでガタゴトと音をたてて作業していましたが、
彼らは一切動じる様子ナシ。

しかも庭にいた数時間もの間、
水槽のフタは開けっぱなしだったにもかかわらず、
一度たりとも出て行こうとすらしませんでした。

・・・フタ、要るのかな?

なんて思ってしまいますよ。

さっきから何してんの?

気温が上がるともっと活動的になるので、
やっぱりフタは必要なのですけどね!
猫やカラスも居るし。

それはそうと、
早く終わらせないと日が暮れてしまう!
と焦ってしまうほどに苦戦です。

慣れない工作に苦労してしまいました・・・。

完成した写真も載せるつもりでしたが、
また次回という事にさせて下さい。

終わった頃には本当に日が暮れてしまったので!!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。