魚と緑と水辺のブログ
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月28日 (水) | 編集 |
皆さんは“エコバッグ”はお持ちですか?
おさかなは使っているのですが、
エコバッグについて最近1つ気になるコトが。

ちょっと配り過ぎではないでしょうか?

商品のオマケでも何でも、エコバッグが多すぎだと思うのです。

1つ2つ持っていれば十分だなぁ。
不要なものは・・・いつかゴミになりますよね。

配ることでエコ意識の浸透に一役買った面もあったでしょうから、
多少のムダはムダにはならないのかもしれません。
しかし今では、エコも一般家庭のテーマとして定着してきました。
エコの名の下にこれ以上ゴミを増やすのはどうなんでしょうねぇ。

エコバッグもそろそろ微妙な立場にあるんじゃないでしょうか。


ところで、おさかなのエコバッグは中に断熱材が入っています。
口にはジッパーが付いていて閉じられる構造。
冷たいペットボトル飲料なんかを入れておけるので重宝しています!

それでも基本はバッグですから、
買った物はお茶でもボールペンでもこれに入るワケです。

あれは一年前。
ホームセンターのペットコーナーで、
香港ビーシュリンプをパッキングしてもらったおさかなは、
レジへと向かったのです。

「レジ袋は要りません。これに入れて下さい。」

マイバッグを差し出すと、
レジ係のおばちゃんは小さなエビの入った袋の価格を確認しながら、

「これには何が入っているんですか?」

と親しげに訊ねたのです。

「観賞用のエビなんです。」

と答えていると、
バッグの中の断熱材を見て一言。

「・・・大事にされてるんですね。(やや引いた感じで)」

あ。誤解されてる。
エビの為だけに超万全の態勢で来店したと思われてる。

エコバッグはエビのために用意したものでもなく、
かといってエビを大事にしていない訳でもなく、
イヤそもそも大事にするのは恥ずかしいことでもなく、
その辺の事情を細かく説明する間も必要もなく・・・。

思考がぐるぐる巡り、ただ、

「えぇ、まぁ・・・。」

としか言えなかった!!
会計を済ませるまでのこの微妙な空気は何?

エコバッグ。
あなたという存在が持つ微妙さが周りに伝播したに違いない。


そしてそんな微妙な空気のなか我が家にやってきたのが、
エビータなんですね~。

懐かしい話です

先週でエビボトルも一年が経過しました。

来たときはすぐに常温飼育だったのですが、
今年は4月末だというのになんだか寒いですよねー。

そのため、まだまさはる水槽から熱を頂戴しています。

インチキ無加温

この位置では、
観賞にならないんだこれが。

エビちゃん追加はもう少し待とう。
水槽から離せるまで気温が上がって、
楽に覗ける場所に移動してからにしようと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
エコバック確かにうちにもそこそこあります。
でも、なんだかんだでそれぞれに役割があったり。
流石にもういらないですけどね。

でも、食品入れる関係で生き物入れるのは無理です。((+_+))
ってことで買ってきた生き物はパッキングした袋を直に手持ちということになってます。

ボトルアクア一年ってすごいですね。
なんか難しそうでやってみたいけど中々手が出ません。
2010/05/01(Sat) 03:36 | URL  | ノケムー #-[ 編集]
><ゝ(・> ノケムーさん
もし自分が哺乳類や爬虫類を買うことを考えたら、
やっぱり食品を入れる袋は無理かも・・・。
でもなぜか魚やエビなら全く抵抗ないんですよねぇ。

もしや平気な人って少数派!?

ボトルは水槽より小さいが為に作業が面倒な点もありますが、
そんなに難しくないですよ〜!
少なくともまさはるよりはずっと手が掛かりませんw
2010/05/01(Sat) 19:11 | URL  | おさかな #PyP2mKtM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。