魚と緑と水辺のブログ
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月23日 (水) | 編集 |
行ってきました、“マリンピア日本海”。

記事っつーのは足で稼ぐモンなんだ(`Д´)
・・・なんて記者ダマシイがあるワケもなく。

通常営業に戻る前に数日間の無料解放をやっているのです。
あるのは好奇心と“タダ”に喰いつくイヤシイ心ですよ。

本来はたぶん、
メインの大水槽がある本館を閉鎖する間のサービスだったと思うのですが、
早く復旧したようで、昨日は本館も見ることが出来ました~。
(※解放期間などにつきましては、水族館の公式案内をご確認下さい)

水族館は暗い場所が多いうえ、
おっそろしく混んでいたので撮れたのはヘタな写真ばかりでした。
許してネ。

まずは一番気になる日本海大水槽です。

既にたくさんの魚が泳ぎ、見応えのある様子。
水族館同士の連携に感服です。

マイワシの大群!

最初に目に飛び込んできたのはイワシの大群。
福島からはるばるようこそ!

大型魚も良いですけど、
小魚が見せる大スケールの群泳を眺められるのも、
大きな水槽ならではの魅力ですよね!(^^)

ウミガメは生き残ったそうですが、この日は大水槽にはいませんでした。

ドチザメ エイ

大水槽は横の大きな平面ガラスからも見られるのですが、
中央にトンネルが通っていて、そこを通って海中の風景を体験できます。
下から見上げる魚の姿はとっても新鮮です。

ぽっこりおなか すっきりおなか

以前はここに大きなホシエイが居たのですが、
先日の事故で死んでしまいました・・・。
あの優雅な姿が見られなくなるのは寂しいですね。

ところが、
なんとなんとこのホシエイ・・・

事故のまさにそのとき、
5匹の子供を出産していたのです!!

子供たちは飼育員さんたちによって無事に救助され、
悲しいニュースの中、楽しみな話題となっています。

いつか大きくなって、
大水槽で悠々と泳ぐ姿が見られる日が来ることを願っています。


国内外の各水域の個別水槽も見逃せません。

個別水槽は大水槽より小さいので、
ここは来館者が多いとかなり混雑。
並んじゃうんですよねぇ。

なのでムリに撮った、
面白いお魚をほんのちょっとだけご紹介。

オジサン オジサン食事中

口元のおヒゲが特徴のこのお魚。
その名も「オジサン」。

かなりインパクトがある名前ですよねw
右の写真のように、ダンディなおヒゲで海底のエサを探して食べます。

中学生の頃、美術の時間にこの魚の作品を作りました。

「美術 ○ 名前 ふぐやま まさはる」

作品展示用の、こういう風↑に記入すべき名札に対し、

「ヒメジ ○ 名前 オジサン」

こうやった淡い青春の思い出があります。

 
中川家

こちらは“中川家”の礼二さんですw
似てない?


チンアナゴ

「チンアナゴ」の皆さん。
なんとも可愛いらしいお魚ですよね。

全員で潮の流れてくる方を向き、
流れに乗ってくるプランクトンを食べて生活しています。
基本的に穴からは一生出てこないんですって。


え、フグの仲間?
ほとんど居なかったんだなーコレが・・・。

本日はこの辺で閉館です(;^^)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。