魚と緑と水辺のブログ
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年07月31日 (土) | 編集 |
まさはるのヒレに出た怪しい点。
何者なんだろう。

仮に白点病だとして、
白点病には淡水型と海水型が存在するとのコト。
汽水ではどちらの可能性もあるのですね。

我が家の水槽は比重1.006(海水の1/4)なので淡水寄りです。
淡水型は25℃以下という比較的低温を好むそうで、
その条件とこの季節の水温とは異なります。

逆に海水型は28℃あたりの高水温を好むそうで、
そこから言えば条件に適合しています。
でも海水と比べたら比重がかなり低いんですよねぇ。

こういうときはどちらから疑うべきなんでしょう・・・。
実際、白点病かどうかも不明なんですけどね。


ある書籍から得たヒントに基づいて、
まずは淡水型と仮定して対策を開始してます。

具体的にはこれ。

1.水換え頻度アップ
2.水変え量の増加
3.高めの水温を維持
4.フグの体力づくり

正体もハッキリしていないし、
進行する様子は見られないので、
即効性よりも負担の少なさに重点をおこうと思います。

最悪、本格的な治療が必要になったときに備えて、
今以上に体力をつけてもらおうと食事回数も増やしました。

「晩ごはんのみ」から「晩ごはん+朝の軽食」に変更。

今日は2食なの!?

一日二食にまさはる大喜び。

え~っと、体力づくりのためなんだけど・・・。


たった数日で夕飯どきのように、

おはよう

おさかなが目覚める頃には、
ごはんを貰おうとスタンバイしているようになってしまいました。


こういうことはすぐに覚えてしまうんだね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
正面の顔の写真可愛いですねー。

しかし白点病には淡水型と海水型があるなんて知らなかったです。
汽水ではどっちなんでしょうね?

特に以上な行動等なかったらあんまり気にしない方がいいんじゃないですかね?
2010/08/03(Tue) 17:54 | URL  | (夏) #qZ4QX/Go[ 編集]
><ゝ(・> (夏)さん
ありがとうございます(^-^)

気にしすぎるのも良くありませんよね!
現状の“水換え強化キャンペーン”を継続するだけに留めて置こうと思います。

エサ増の効果(副作用?)か今週はすこぶるご機嫌なようです。
2010/08/03(Tue) 21:34 | URL  | おさかな #PyP2mKtM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。