魚と緑と水辺のブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月09日 (日) | 編集 |
一昨日の夕食は鯛めしでした。

大きい鯛を一尾買おうとすればそれは高くなりますけど、
小さい鯛や、頭だけ、ガラだけなら安く手に入ります。

そしてこの頭がすごく美味しいんです。

焼き物、煮付け、潮汁なんかもできるので、
良さそうなのを見かけたらとりあえずゲットして損はありません。

お手軽・鯛めし作り方―
①炊飯器をセットして、米の上に昆布を敷く。しばらく時間を置いておく。
②米にしょうゆ、酒(お好みで)などの調味料を加える。
③鯛を軽く塩焼きにする。
④焼いた鯛を炊飯器に入れて、そのまま炊く。
⑤炊き上がったら茶碗に盛り、千切りの生姜をのっけて完成。

鯛めしの作り方は本やネットでもたくさん見つかると思いますので、
詳しくは探してみて下さい。

おさかな的・お手軽・美味しい食べ方―
鯛の身をほぐし、ご飯と混ぜて食べる。
半分ほど食べたら、残りはお茶漬けでいただきます。
このとき自分でだし汁を作っておけば最高ですが、
面倒なら“お茶漬けの素”をかけて、お湯をさしてもOK。
素は少ししか加えないのが、鯛の美味しさを損ねないコツです。
注意:鯛の骨はとても硬く鋭いです。がっつく前に要注意!

お~い
↑「ぼくの分は~?」

という声が聞こえてきそうですね。

鯛くれ~
↑鯛の塩焼きでございます。

塩焼きの表面はしょっぱいので、中の方の身をあげます。
ほほの肉が一番おいしいの、まさはるは分かって食べてるかなw

モグモグ

鯛も一人は旨からず。
ミドリフグも家族と一緒に食事できたらいいのにな~。

居間には連れていけないけど。

もっと


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。