魚と緑と水辺のブログ
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月24日 (土) | 編集 |
ミドリフグに限らず、フグは歯が丈夫です。

おさかなは魚釣りも好きなのですが、
釣り人も外道の筆頭であるフグを触るとき、歯には注意して扱います。
(外道=狙いとは違う魚。歓迎されない魚も多い。)

フグの学名に用いられるテトラオドンという名も「4つの歯」という意味で、
上顎と下顎に2枚ずつある合計4枚の板状の歯がその由来です。

まさはるだってミドリフグ。
半開きのお口から、下の歯が一丁前に覗いてます。

見える?

貝なんかバリバリやっちゃうというこの歯の強さを、
自分の指で体験してみました。何でも突付きたがるので。

痛さはというと…
右手の人差し指と親指の爪で、左手の指の腹を軽くつねってみて下さい。

これを3cmの体にしては痛いと感じるか、
大したことないと感じるか、微妙なトコロですね(^_^;)

ハハハ。まさはる、そんなもんかー。
なにー!次は噛みちぎるぞー


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。