魚と緑と水辺のブログ
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年12月16日 (水) | 編集 |
冬眠させたらその様子を写真付きで紹介したい
って言ってたのにも関わらず、随分遅くなってしまいました!

秋頃には冬眠方法を探して、
ここに辿り着いた方も結構いらっしゃったようなのですが、
その頃はまだ冬眠させてないという・・・。
そして今はそういった検索で来る方は少ない。
冬眠開始シーズンは過ぎちゃったかなぁ。
もっと仰々しい説明付きバージョンも作ったのですが、今更な感じ?

というわけで、
写真を紛失する前に、前後の説明一切ナシの作業風景だけ載せます。
おさかなは来年も他所より遅いかも知れませんしw

設置
①飼育ケースを水洗いし、設置します。

土を入れる
②土を入れます。カメの甲羅の高さ以上は必要です。
 明日は筋肉痛という名のご褒美です。がんばって!

水入れ
③水を少し用意。
 これは豆腐の空き容器を再利用。
 冬眠中は湿度を保ってくれますし、
 なかなか寝ないカメさんの飲み水用に。
 
カメを入れる
④カメを入れます。

落ち葉を入れる
⑤落ち葉をドサーッ。

フタをする
⑥フタをしましょう。密閉しちゃダメですよ!
 このフタはお風呂のフタなのですが、すごく便利です。
 夏場の日陰作りにも使え、大雨の日には広げて屋根に早代わり。
 開閉に優れた形状なのでペロッと開ければすぐに中が覗けます。

中を見る
⑦最初の数日はなかなか寝てくれません。
 水入れに土を入れて埋め立ててみたり、
 落ち葉を踏み潰してペシャンコにしてみたり・・・。
 その場合は取り替え、足してあげましょう。


冬眠に入ったら、目覚めの日までお世話は週1回程度です。
やることと言えばこの2点でしょうか。

・古い水や葉っぱを取替える。
・全体に霧吹きをして、乾燥を防ぐ。

あとは春にまた一緒に遊べる日を、首を長くして待ちましょう。
春よ来い!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。